メンタルクリニックの話

単なる記憶と、今の気持ちの話なのでオチも役立つ話もないのだけど。


最初にメンタルクリニックに通いだしたのは大学一年生の時だった。

正確にはメンタルクリニックというより、大学の保健センターのメンタル部門だったんだけど。

当時は今以上に人と話すことも、人の目に触れる場所にいることも苦痛で、道で知らない人とすれ違うときに緊張で挙動不審になったり歩き方がわからなくなったりするくらい。挙動不審はまぁ今もか。

友達もろくにいなかったし、話をできる場所というのは貴重だった。

そのとき貰ってた薬の名前はもう忘れてしまっていたけれど、あまり効いていた記憶はない。緊張を和らげる薬だったと思うけど、根本的に人と接するのが苦手という性格が変わるわけでもないしね。


うちの大学は3年から研究室に所属することになり、キャンパスも変わるのだけど、2年生の時点である程度良い成績を取れてないと希望通りの研究室に行けない仕組みだった。

レポートや試験対策のため人脈が物を言う大学の仕組みの中で、友達もいない、外出も苦痛な人間が良い成績を取るというのは中々ハードルが高くて、常に不安に苛まれていた。

それでも無事キャンパスが変わり、保健センターもそちらにある方に通うことになった。

新しい先生はいかにも研究者的というか、話を聞くよりは分析する感じの接し方だった。

個人的に、何を考えているのかわからない所と、すぐ診療が終わって薬だけ出されるところがあまり合わず途中で行かなくなってしまった。それでもなんとか生活していたので、やはり薬がなければダメだというタイプではなかったのかもしれない。

その頃は人が苦手なりに音楽繋がりの友人が少しだけできて外出も平気になってきていたのもある。


次にお世話になったのは就職して3年目の時だった。

優しい雰囲気、とまではいかなかったけれどちゃんと話を聞いてくれて、出してもらっていた薬もそれなりに効いていたと思う。

その時はうつと自律神経失調症ということで約1ヶ月半仕事を休職した。


そして、今。またメンタルクリニックに行こうか迷っている。

これまでの漠然とした不安や絶望と違って、原因不明の色々な身体的な症状が出ているし、死にたい気持ちも含めて生活に支障があるので何かに縋りたい思いがある。

ただ通うことに踏み切れないのは、またメンタルクリニックに戻ってしまうことへの自分への失望感のせいだ。もちろんそれが甘えだと思うことはないのだけど、どこか逃げ道として選んでしまっているような後ろめたさがある。

多分、自分の性格上休職できるものならしてしまう気がする。

今の部署は前と比べ物にならないくらい全員負担が大きいので、自分だけ休むことへの恐怖感がある。

よく誰か一人いなくなっても意外と仕事は回るなんて話がツイッターで回ってくるけど、ちょっとそう思えないんだよね。今のところ。傲慢かもしれないけれど、自分一人でやってる仕事を今から他の人に覚えてもらうんじゃ色々間に合わないし。

まぁ休むと決まった話じゃないし、とりあえず行ってみればいいんだろうけど。

なんでこんなに色んなことに耐性がないのか…