岐路

歳をとるごとに選択肢は狭まっていく。
それは他人に強制されたものであれ自分が選んだものであれ、既に敷かれたレールに乗ることで、優柔不断な自分にとってはある意味では楽なことでもある。
レールにはもちろん支線はあるのだけど、大本のレールを選ぶのに比べたら些細なことだから。

人と話す度に感じるのだけど自分は結婚には向いていないタイプで。
友達とは気兼ねなく遊びたい。遊びに行ってノリで泊まってグダグダしたり。思いつきであちこちフラフラしたり。結婚相手は文句も言わず送り出してくれるけれど、1人でいるのが嫌なことは知っているからやはり罪悪感で完全には楽しめないし。
ただでさえ俺は腰の重い人間なのに、ますます行動力が鈍くなってしまう。
結婚は間違いなく自分が選んだレールなので後悔はないけどね。

うちの母親は相変わらず独親で、リアルタイムで障害になっているけれど、今度ばかりは乗り越えないといけない。
自分が折れるのか縁を切るのかわからないけど。

とにかく後悔するのが嫌だ。
好きなことをしたい。
俺が求めているものは全部手に入れたい。