読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祈灯

今年はいつにもまして年末感が薄かった。

実感が湧いてきたのがここ2,3日くらいかな。

新年に向けてそわそわした空気が漂ってきて、テレビは1年のニュースを振り返って、あの雰囲気が何とも言えず好きなのでちょっと残念。

年が変わる前って、とりあえず形だけでも前向きな言葉が並ぶじゃない、「来年は良いニュースが増えるといいですね」とかさ。毎年毎年同じことの繰り返しだし、その通りにはならないだろうとみんな思ってても。

実際年が変わるだけでリセットできることなんてないし、不安は消えないし、すぐにまた苦難に直面させられる1年が始まるんだけど、この数日だけはめでたい空気に流されることが許されるのがいいなーと思う。

あとたくさんの人が祈りを捧げる時期だってこと。戦没者への祈りとか被災者への祈りとか、日本で祈りっていうと過去と向き合うことが多い中で数少ない未来に向けた祈りが見られる行事なので(個人単位ではもっと普段から前向きなのが多いだろうけど)、なんかそれだけでも穏やかな気分になるというかね。

結構周りの空気に流されやすい人間なので。お正月番組とかも無理やりワイワイやってるような歪さは感じるし、バカバカしいなーとは思うけどそういうのも必要なんだろうな。形だけでも、っていうのが意外と大事なのかもしれないっていうのはこの歳になって感じるようになってきたこと。

 

ベタに今年のことを振り返ってみると色々変化がありすぎて長くなるから全部は書かないけど、ヴィジュアル系関連でいうと初めてバンギャルっぽいことができた気がするのが良かったなーって。

ずっとライブは1人参戦で、サッと見てサッと帰ってレポ書くみたいな事しかしてなかったのが、1月のyazzmadワンマンを機に色んな人たちが会場で声をかけてくれるようになって。好きなバンドのことであーだこーだ喋ったりするのが楽しくて。ほとんどの人にとっては普通のことなんだろうけど、俺からしたらバンギャル歴十数年目で初めてのことばかりですごく貴重な経験だったんですよね…。

元々一つのことにのめり込むのが苦手な性分で、ちょっとハマってもどっか冷めてるというかファンとしての熱の入り方が弱いのにそれでもみんな構ってくれて本当感謝しかないです。それと同じくらいにお返しできる何かがなかったのが申し訳ないくらい。今年は解散ラッシュの年でもあったので来年以降会場で会う機会は激減するんだろうけど、その前にこういう年があって良かったな。

 

来年は、どうやって過ごすか全然考えてないけど「普通の」生活が加速していくんだと思う。

同年代と同じライフステージに立てないことへのコンプレックスがずっとあったのだけど、それはどっかで自分がそれを選んでたんだろうなーと思う。ピーターパン症候群というか、若い人たちみたいな生活への未練が断ち切れなくて。

いや、キチンと多くの若い人たちみたいな過ごし方をしてこれなかったからかな、リア充的な生活も、バンギャル的な燃焼の仕方も。若い時間を持て余してしまってうまく成仏できなかった地縛霊がずっと住み着いていて、次のステージに進むことを拒んでいたのがようやく少しだけ諦めがついた。気がする。少しだけ(強調)若いうちに斜に構えても良いことはないね…

 

年越しにブログ更新するとどうしてもありきたりなことになってしまうな。

今年もお世話になりました、来年も今年以上に充実して過ごせますように。