最後の夜

PCのインターネット回線がないので、スマホから。

いつもPCで音楽を聴いてたから今は無音。

なんか不思議だ。


今の気持ちを例えると何だろうな。

釈放を控えた模範囚でもあり、死刑直前の死刑囚でもあり。

捨てるものと得るもの、どちらが大きいのかまだわからないから。

単純に引越しが苦手で、環境が変わることのストレスとかがまず大きい。

これまで徒歩通勤、徒歩通学しかしたことないから満員電車に乗るの初めてだし。

今のところは下町で寂れてるとはいえ一応都内だしすぐに人ごみに出られたけれど、今度はいわゆるベッドタウンにあたるところで駅前こそそこそこ栄えてるものの家の周りは閑静な住宅街という感じ。


今思ったけどこうやって落ち着いて日記を書くこと減るだろうな。

それでも満たされてるなら良いのだけど。文章として吐き出すことと言葉で吐き出すことは全く別物だし、俺の場合言葉ではうまく伝えることが出来ないし。Howeverみたいだな…


一番怖いのは精神状態。どうなるんだろう?

自分のメンタルがどうなるかなんてわかるわけもないしね、1時間後すらわからない不安定さなのに。


居場所がないのは怖いことだから。

これまで逃げ込んでたのは新宿の人ごみとか広々とした公園とか。目的もなく歩くことで気持ちを落ち着けてたところもあって、それがこれからもできればいいな。


俺は立ち位置でいうと真っ当な人間寄りなんだと思う。少なくとも、他の人からはそう認識されてる気がする。真っ当な、ってのは一般的なレールから外れることなくっていう意味で。

手堅く生きてると思うよ、今のところ。メンタルもなんちゃってメンヘラ程度のものなので健常者との境界線上くらいだと思うし。もう今は薬も飲まずに生活してるし。

でも社会のはみ出し者ではないけれど、生きづらいのよっていう主張はしたくなる。


何の話だっけ。スマホからだと話が見えなくなる。

12年間の一人暮らしも今日が最後で、思い出すことと言えば学生時代の鬱屈とした毎日で。ホームシックになったことは無いし自由だけは満喫出来たな。俺にもっと行動力があったら、より一人暮らしの利点を活かせたんだと思うけど。朝帰りなんて数えるほどしかしたことないし。勿体ない。

今の彼女は趣味や性格理解してくれるのでロフトプラスワンの深夜イベントとか普通に行こうと思えば行かせてくれるとは思うけどさ…


高田馬場も中野も一本で行けるとはいえ、遠くなってしまうな。もう今年ほどライブも行かなくなるだろうな、yazzmadも解散してしまったし。あのバンドの存在を知った事が俺のバンギャルライフの一つの転機だったし、解散もまた大きな転機になった。今年は自分を取り巻く色々なものがこれまでになく変わっていって、とても疲れたけど濃かったよ、なんか。

特にバンギャルライフに関しては思うことはたくさんあるんだけど、それはまた別の機会に。