読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクラマカン砂漠大紀行という番組がyoutubeで上がっていたので見てる。

BGMもほとんどなく、ひたすらタリム川沿いに暮らす人びとの暮らしや仏教壁画のある洞窟、無人の遺跡などをナレーションのみで流していて耳に優しい。

 

今週はメンタルがどん底にいる。

友人にも指摘されたのだけど実はこういう状態って結構久しぶりで、最近安定してたんだなーと実感した。

朝起きた時の動悸や絶望感とか、楽しいと感じる器官にリミッターがかかったような感覚とか、涙脆さとか、そういえばこんなものだったなと。

 

人間関係とか持ち物とか色々なものを捨ててしまいたいと思うリセット症候群が定期的にやってくる。

これまでだとSNSを突然辞めてしまったりとか連絡先消したりとかその程度なんだけど。これまではその先を考えたことがなくて。

その先、っていうのはじゃあ一度リセットしてその後新しい関係をまた築けるの?っていうこととか。まあそこまで考える余裕なんてないから衝動的にリセットするんだけど。

東京にも地元にも居場所がないと感じる人はどこに居場所を見つけられるんだろう、って話をこないだ少しした。上京して、人間関係を上手く作れなくて、地元に戻ってもコミュニティーに入れなくて、じゃあその人は海外に行ったり自分のことを誰も知らない新たな土地に移ってもおそらくうまくやっていけないだろうと。

 

環境や人間関係をリセットして何か劇的な変化があるだろうなんていうのは幻想で。

実際は賽の河原で石を積み続けるのと同じなんだと思う。

タクラマカン砂漠のオアシス都市の映像とか見ていると、こういうところで雄大な自然に囲まれて綿を摘んだり(女性の仕事なのかな)ブドウを育てたりしたらこんな気持ちから解放されるのかなとか思ったりもするけれど、自分に農業はできないだろうな多分。

 

ここでいくら嘆いても現実は1ミリたりとも変わらないという絶望。

そういえば明日は俺にとって最後のyazzmadになるんだけど、メンタル崩れてる時涙もろくなるわりにライブには集中できないし十分楽しめなかったりする。損な性分。