ノスタルジア

映画を見たので感想を。

タルコフスキーノスタルジア

タルコフスキーは「ストーカー」「サクリファイス」「惑星ソラリス」を見たのでこれで4本目。どの映画もそうだったけれど、映像1つ1つが息を呑む美しさ。

水、炎、霧、光、影、ほとんどの映像がモノクロに近いのに、これらを撮るだけで全て神秘的な映像になるのがとても不思議。単なる草原や廃屋ですら神秘的な場所のようで。

 

 出てくるのは、モスクワ出身の詩人の男、男がイタリアを訪れている間の女通訳、世界の終末を信じ7年間家族を家に閉じ込めていた「狂人」のほぼ3人のみ。

 詩人が取材で訪れたイタリアで世界の救済を願い奇行を繰り返す「狂人」と出会い、世界を救うにはとある温泉を蝋燭の炎を消すことなく渡りきらなければならないと聞かされる。狂人に魅了され対話を繰り返そうとする詩人に愛想を尽かし離れていく女通訳。詩人は狂人と対話をしながら、水や火や廃屋のイメージの中でモスクワの風景や残してきた家族のことを何度も考えるようになる。

 しかしある日狂人はローマの街中で世界を救うための演説をした後、「音楽を発動」すると言い焼身自殺をしてしまう。同じ頃、詩人は狂人から世界を救う方法として伝えられた、温泉を蝋燭の炎を消すことなく渡りきるという儀式を行っていた。何度か失敗した後ついに渡りきった詩人はその場で倒れ、故郷モスクワとイタリアの教会が融合した景色の映像で物語が終わる。

 

 正直何を言いたいのかよくわからないんですよねいつものことながら…秩序だったストーリーがあるわけでもないので。

 ただやはり頭から離れないのは「救済」という言葉。「サクリファイス」では核戦争勃発のニュースを聴いて、神を信じたことのなかった男が初めて神に祈りを捧げ、世界を救うために自分を犠牲にすることを誓っていた。「ノスタルジア」も同じように詩人が倒れることで、もしかしたら本当に世界が救われたのかもしれない。もっとも、どちらの映画も世界の終末というのが確定的な現実として描かれていないので、「サクリファイス」では男が次の日起きた時にはニュースでは核戦争のことなど報じていないし(それでも男は誓いを守り家に火を放つのだけど)「ノスタルジア」だって狂人の言葉以外に世界の終末のことは描かれていない。狂人が世界の救済を説いて焼身自殺する際にこの映画では数少ないBGMとして第九が流れるのだけど、その第九はリズムが狂っていて狂人の「殉教」が滑稽なものに見えてしまった。

 

 だからこそなんだろうけども、その対比として頭に浮かぶのが個人の魂の救済の方だった。詩人が死ぬときに映し出される、故郷とイタリアの神殿の融合した景色や、何度も途中に出てきた回想の場面からも、彼にとっての救済は子どもの頃に過ごしたモスクワでの生活なんだろうということは察しがつく。そして通訳の女は途中に挟み込まれる幻想的な映像の中で故郷の家族、あるいはイタリアの教会で見た聖母と融合した姿で表されるのだけど、現実の彼女は詩人に愛想を尽かしたあと、イタリアの実業家らしき男と結婚したと思われる場面が描かれる。こうして現実と対比させられることで詩人の内面世界がよりクローズアップされている気がするのだけどそれがどこまでも孤独で、過去の記憶にしか救いを求めることのできない苦悩が際立っていたように感じた。

 

 セリフも文学的というか哲学的。狂人の言葉で「1滴プラス1滴は2滴でなく大きな1的になる」というのがあり、狂人の住む廃屋の壁には「1+1=1」という式が書かれているのだけど、これが何を意味するのかさっぱりわからない。映画の途中詩人の意識下の世界で鏡に映った詩人の姿が狂人になるシーンがあるのだけど、おそらく詩人と狂人は統合された表と裏のような存在なんだろうな。さっきから何度も融合という言葉を使っている気がするし、そのへんと関わりがあるのかもしれない。狂人の演説の中にも「魂をあらゆる面で広げるのだ、世界を存続させたいのなら手をつなぐことだ」と言っている部分があった気がする。

 

なんか色々難しかったけど映像の美しさだけでも見る価値がある気がする、どのシーンを切り取っても絵画的で、繊細な色彩感と狂気的と言っていいくらい拘りを感じる構図は本当に素晴らしいので。