読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

 別に毎日更新しようと意気込んでるわけでも、義務感があるわけでもないのだけど、フワフワと頭の中に浮かんでくる、すぐに消えてしまいそうなアレコレを繋いでおくための雑記。

 

 「前髪が決まらないとやる気が出ない」っていうmixiのコミュニティに入っていた。今もネタ的に前髪死亡とかうねりんとか色々言ってるけど、昔は結構本気でその日一日のテンションが左右されてた笑

 見た目に対する拘りが薄れてきたのはいつぐらいからだろう。多分最大20キロ近く太ったのと無関係ではないと思うんだけど。社会人になりたての頃だって髪セットしないで行くの嫌だったもん。今じゃ寝癖だけ直してもっさり眼鏡でも全然平気。そういうタイプになりたくなかったけど。なったらなったで気楽だし昔は自意識過剰だったよなーなんて思ってしまうから人は変わるもの。

 自意識ってのは自分にとって大きなテーマで、「人からどう思われるだろう」「自分を良く見せたい」っていう思いが、見た目の問題に限らず常に悪い方向に表出してる。卑屈と言われるのも自意識の裏返しだからな。多分それは態度にも出ていて、知らないうちに周りにも気を使わせてしまっていると思うし壁を作る原因にもなってると思う。「コミュ障」って一言でまとめてしまってるけどその内訳は色々あると思うのよ。俺にとっての最大の原因はこの自意識関係なんじゃないかとすら思う。だからといって中々治るものでもないんだけどさ。

 

 ここ数日仕事がらみで気が滅入っている。音楽でも聴いて気を紛らわそうと思って色々流してはみるけど、そういう時は大抵何を聞いても自分の内側には入ってこないし感覚的にはまさにバックグラウンドミュージックでしかない。それもそのはずで音楽は現状を変えてくれないし。精神を刻一刻と蝕んでいく現実に何の影響も与えない。よくバンドマンが「嫌なことは全部忘れてここでは全力で楽しめ!」とか「僕たちの音楽が常に寄り添ってる」とか言うじゃん。本当に滅入ってるときってそれどころじゃないんだよね。うわの空になっちゃってるから。気持ちの切り替えが下手なだけなんだろうけど、こういう人ってライブの楽しさを100パーセント享受できないしなんか損した気分になるよね。なんか話が逸れたけど素直に音楽に癒されたり活力に変えられる人間だったらいいのになって思った。